エキゾチック!?(変わり者)な動物。

私は小さい頃から沢山のペットを飼い続けていますが、中でも一番変わっていた?のが、「プレーリードッグ」(ドッグとは言われるが、犬ではなくリスの仲間です。)あれを飼ったときは最初からかなり、困惑した。
何せ業界では「エキゾチック動物」に数えられる彼らは、今から約10年程前まで、ペットショップにも居なかったので、勿論、動物病院も「そんな動物持ち込まれても( ̄(エ) ̄)ゞ 他に行ってください!!」と中には病院をたらいまわしにされた飼い主さんも居たでしょう。プレイリーを飼って直ぐのある日いきなり「キャーン!!」と鳴いた後、後ろに倒れそのまま、口から泡を吹き身体が硬直し、白目をむいてしまった。ビックリして私はとりあえず、近くの病院に駆け込んだ・・・原因は哺乳類の赤ちゃんにはよくある?転換みたいな物でカルシュウム、血糖値が不足して起こるそうです。そんな状態になった生き物全般に出くわしたこと無かったので・・・(゚_゚i)タラー・・・本当ビックリした。その後も何度か同じ現象になったが、駆け込んだ病院の先生の指示通りに処置したら善くなったので慌てずに対応できたのです。ただ先生も言っていたが・・・・エキゾチック動物は元来野生で居るのが自然なので、犬猫と違い人との共存の歴史も無く人間のエゴで手なずけようとか、言うこと聞かないから飼えない!!捨てる!と言ったパターンが多いそうです。  <↓プレイリードッグのチャッピー>
f0131775_11361394.jpg
縁有って選ばれて自分で連れて来た以上、どんなに大変でも責任を持って最後まで看取ってあげてください!!」とも言っていた。先生は、自分も自信が無いので動物園の飼育係りの方に訊いたりしたそうです。で私も動物園に電話して飼育について訊いたが・・・丁寧に指導された後、一喝入れられました。「動物園はあくまでも野生の環境に近い状態にしてるけど、アパートやマンションでは、大草原を自由に走り回る彼らにとって物凄い!ストレスだから上手に飼うのは難しいからね!」と・・・物凄い説得力でした。その後もこの言葉を胸に手探り状態で頑張って育てましたが・・・やはり病気になった時に「イヌなどと違って血管が分かりづらい事や事例不足で何をするにもリスクが高かったので、無理な手術はしなかった・・・天命を全うさせようと考えることにした。最後は本当に可哀想だったが、自分の中ではタップリ愛情を注ぎ出来ることはしたつもりでも、後悔は沢山した。「もっと知識があれば・・」「飼ったのは間違い?」とか。でもやはりこれも必然私達に命の尊さや生きる事の意味をしっかり!!伝えて約6年で旅立っていきました。
よく「ペットを飼うのは可愛いけど最後に別れが辛いから飼えない!」おっしゃる方が居りますが、私は敢えてそれを否定させていただきます。確かに何か有った時は物凄い大変で、亡くなった時の喪失感は立ち直れない程辛いんです。でも一緒に居た時間や物言えぬ動物の心を読み取ろうとする事は必ず人生にも良い形で反映されます。短い時間に生と死をしっかり見せて逝くんです。私は彼らのお陰でかなり健康で生きていられる事が素晴しいものだと気付きました。
ですから、怖がらずに是非動物との時間を多く持って欲しいです。偉そうなこと言ってるけど、今回のトミーを飼う前に何にも調べず、無知のまま即決!!やはり反省しました。決めてから調べたところ、トミー(バセンジー)とっても野生に近いとか、犬と猫の間の動物の祖先とか・・・躾けるのは諦めろ!!など飼い主さんの困った事例が多数!!ヤバイ!
しかし実際困ったのは、最初だけかな?確かに甘噛みが本噛み?(-。-;)で辛いが、やはり犬は犬?
今の所は確かに、容姿はエキゾチックで色々と変わってます。でも人間も同じ私もトミーも個性が強いのだ!(*^日^*)゛グワッハッハ今では自分の腹を痛めて産んだとさえ思えて成らない!!
多分、トミーも人間の子と思ってるんでしょうか?毎晩こんな感じに成ってくつろいで寝ます。
f0131775_1162760.jpg

どう観ても、カンガルーだし・・・。半眼開いてます。怖っ!!
[PR]

by grixgri | 2007-06-14 11:30